フワリと立ち上がった妻を見た時

わたしのその実行によって、個々らがこちらを見た。

「気持ち悪い。見極めるな! 脳漿を垂らしながらここを見分けるんじゃない!!」

 その後の記憶は途切れ途切れです。最近確かなのは、父の運転する車種の後部席順に座って、いつも通っているマインド科へしょっちゅうとは違う早い時間帯に出向くという主旨。

 どうもこちらはスクールを早退させられたらしき。

 ぼんやりとやる。わたしの頭はぼんやりとしているというのに、車種の窓から思える空の青は鮮明で目映い。なんでこれ程違うんだろう。わたしの内と外は、どうこれ程離れてしまったんだろうか。

 マインド科にたどり着くと、控え室にこちらとおんなじスクールのセーラー服を着た女子が座っていた。下向き見た目の面持が長い髪に覆われていて見えない。両手で何かちっちゃなものをいじくっていらっしゃる。隣席には奥さんらしい人類が座っている。

 窓口から言い方を呼ばれてフワリと立ち上がった妻を見た時「あ!」と思った。話したことはないけどおんなじプランの個々です。

 こういう時に「え! まじ!? ここに通ってるんだ? こちらと組合せじゃん」なんて話しかけることができたら、こちらもまともな若者みたくお周りなんてものができるのかもしれない。

 でもこちらにはそれをやる考えが起きない。

 気づかれないように配下を向こうとしたその時、窓口を終えた奥さんと一緒に妻がくるりと振り返った。エタラビの口コミ情報はこちら

シチューに何か異物を入れられたわけでもないのにね

半袖の体操衣裳を着て、シチューの入った皿を眺めている。こちらがこういう肌寒くなってきた時季に長袖のセーラー服でもジャージでも無く、半袖の体操衣裳を着ている意義を作った個々たちは、いよいよこちらにキモチを無くしおしゃべりをやる。

「え! まじ!?」

 毛にリボンを塗り付けた母親の個々が、笑顔混じりの大きい声で叫んです。

 それでもこちらは妻のクライアントを確かめることもなく、シチューに瞳を落としている。

 時にはやられるように、シチューに何か異物を入れられたわけでもないのに、今日はやっぱりだいぶシチューが変に見えて仕方がない。

 家に帰ると常に、インターネットで銃の映像を眺めている。一際ショットガンが良いとおもう。銃弾はひとつでは足りない。

「足りないんだ」

 ちっちゃな独り言を漏らしてしまった。シチューの皿から眼差しを決める。個々を見渡した。ショットガンでやつの胸も、あっちに要るやつの胸も、あの胸も、自身ぶち抜きたい。

 脳漿が飛び散るシーンが浮かんです。なんて綺麗なんだろう。リボンを垂らしたあの胸も、リボンも、自身ぐちゃぐちゃです。

 二度とシチューを見た時、それが確かにリボンを押し付けたあの母親の人間の脳みそであるという保障に間近い気持ちが湧いてきて「これは食べられない。気持ち悪い」と思ったら怖くなってついつい跳ねあがるように催事を立ってしまった。リンリンの脱毛効果は?

「まじ!? 素晴らしいじゃん」って、本心から話しなくちゃ。

とはいっても、誰が今日は欠席なのか気にかけるようになったくらいの支度だけれど。

 そんなふうになってから嫌がらせにも、妻は一際スクールに出て来なくなった。こちらは妻の出欠を気にかけた。

 1度しか妻と過ごせなかったブレイクタイムを、妻の教えてくれた曲を聴いて過ごした。家でもiPhoneやPCで、妻の教えてくれた人のページビューを山盛り観て、聴いた。

 歌っている会話だけじゃなくて、しゃべっているのもあった。

 直感表通り、その男性はやっぱ面白人類だった。こちらはわたしのことをおかしな個々だと思っていたけど、それ以上におかしな人類がいるのなら、この世界もいいかな、という気持ちになっていた。

 そのことを妻に報じなくちゃ。

 でも妻には、とうに会うことができなくなった。

 こちらは現下、現下……妻の催事だった台の上に置かれた、誰かが台の先にぶつかれば倒れてしまいそうな細い透明の花瓶とその向こうに窺える、秋の空を見ている。

 秋の空がいやに美麗です。

 わたしの認識は、今までと違って敢然とやる。

 了

*こういう読物は、神聖かまってちゃんと言うバンドの『周りなんて取り除ける死ね』という曲に猿真似されて書いたものです。

『周りなんて取り除ける死ね』は、You Tubeで検索すれば聴けるはずです。聴いてみて頂けると、神聖かまってちゃんマニアのこちらとしてはいとも嬉しく思います。ココマイスターの人気財布ランキング!

主人は小学生2年生の途中にわたしの種別に編入してきて、すぐに同級生たちと打ち解けた。

かなり顔色の小さい男子だった。主人の提供する題材は自分がひどい心臓病であるということで、きつい病が身近では弱い同級生たちの注意を退くのにそれは潤沢であった。

「戯言ですー」

「戯言じゃねぇよ」

 主人と、同級生とが何度も交わすその伝達はお互いに割り当てられた広告を繰り返しているだけのように思え、誰も主人を叱りつけるような意味合いで「戯言です」というヒトはいなかった。中にはブレイクタイムに繋がるたびに主人のそばに言っておんなじことをいうヒトもあった。

 連中は、物珍しい人間のそばにいたい、その意欲を満たしているに過ぎなかった。

 我々はその体つきを置き場のダッグアウトから、見ていた。

 しかし、主人が編入してきて10日光くらい経ったある日から、主人と連中との腹づもりハーモニーの伝達は、何だか無理となった。

 「そういうことを言うのは終わりなよ」

 それは、同級生の誰かの親かドクターか、大人の間接的調停を予測できる事象だった。

 それまで唯一の保ち主題だった心臓病であるという陳述の主題が使えなくなった主人は、急に口数が薄くなった。前に住んでいた福岡県内がこれと違ってどれほど生まれかということを笑い話にしてみたところで、それは誰の注意を退くこともできなかった。われわれのほとんどは年令も成長も東京のすぐそばで、それでも都民ではない結果、生まれよりもいつも都内に憧れを抱いていた。その証拠に、休日開けにウィークエンドは親に連れられ市街地のあちこちへ行ってきたという話をする乳幼児の周辺にはヒューマンが集まった。

 誰にも呼び掛けられなくなった主人と、保全の班が同じになった頃、我々ははじめて主人に打ち明けた。

「心臓病って本当なの?」

「本気だよ」

 箒を持ちながらのその伝達は最初問最初答で終わった。でも主人は心なしか嬉しそうに見えた。

 その後も我々は、主人が同級生たちの至急新しい決戦機を買ってもらって又もや一時的な名物になったり、波が退くように引いていう人の中で残る決戦好きな乳幼児たちと数人の類を形成したりという、種別での主人の不安定な上がり近辺を見晴らし続けた。ABCクリニックなら安心して包茎手術を受けられます

我々は、親指と人差し指で豆粒を差し込むようにして、主人に見せた。

 

「わたしの母も、霊、感じるんだよね。おんなじだからさ、気にする態度弱いよ。前年、うちの学年の乳幼児がパパを亡くしたでしょ。担任のドクターからそれを聞いて家に帰ってそのことを母に伝えようとしたら、もう母知ってたんだよね。でもその知ってたっていうのが漠然でおかしいの。ほんと、笑っちゃうくらい胡散臭いんだ。母が水を飲もうとしたらグラスの現実に性別の思い付か顔付きが、そんな」

「こうしたちっちゃな顔付きがグラスの現実に映ってたんだって。何か言いたげだったけど、喉が乾いてたから飲んじゃったって。でもいかにもその死んだひとが何か告げに来たのねって言ってた。もしもし、任せる? 我々は信……」

 そのときになんとか主人が我々を正面から見た。

「お前さ、小学生の間から、なぜ僕を見るごと睨むの? きもいんだけど。それにお前のお母さん、昔っから常にキチガイだろ。面白宗教に入ってんのも、坂の上の有名な医者に通ってんのも、知らない人間はいないよ。そこまでいじりがたいと」

 そこで主人は諺を区切った。

「いじめられなくていいよな」

 自分がいじめられておることを応じることになるのが気まずいというように、吐き投げ捨てるようにその言葉だけ早口に言った。

 そこで何とか我々は、入口の内側の講習一つが静まり返って掛かることに気づいた。主人の講習。わたしの講習ではないけど、それを我々はこわいと思った。

 わたしのスピリットがそれに向いているうちに、主人はもはや我々に丈を対し縁側を歩いていた。きっと便所へ向かって髪を治すのだろう。

 主人の背中を見ながら、わたしの頭の中にはたくさんの諺が思い浮かんだ。見ていないのに。小学校のあの間は正しく見ていたかもしれないけど、後終始気にかけてもいなかったはずなのに。なんで主人は我々が見ていると、睨んでいると思ったのだろう。主人を見ていたのは、こういう我々でないとしたらどなただろうか。

「もしもし! それって生き霊かな?」

 10メートルほど先まで行った主人の後ろ姿に向かって言った。

 小学生のときに主人を気にかけすぎてしまったから、依然主人の元にはわたしの念等々が残っているのかもしれない。

 振り返った主人は、我々に向かって「ごめん」と言った。

「僕別にそんなの暗いから」

 我々はその時、自分が泣いているということに気がついた。

「ごめんなさい」

 主人が更に言った。

 その外見はやけに悲しみたいだった。メンズTBCのひげ脱毛は口コミで評判がいいです

半袖の体操衣類を着て、シチューの入った皿を眺めている

あたしがこういう肌寒くなってきたチャンスに長袖のセーラー服でもジャージでも無く、半袖の体操衣類を着ている魅力を作った自分たちは、とっくにあたしにキモチを排しはなしをやる。

「え! まじ!?」

 毛髪にリボンをつけた母親の自分が、笑顔混じりの大きい声で叫んです。

 それでもあたしは妻のクライアントを見ることもなく、シチューに瞳を落としている。

 ちょくちょくやられるように、シチューに何か異物を入れられたわけでもないのに、今日はなんだか至極シチューが変に見えて仕方がない。

 家に帰るとたえず、インターネットで銃のムービーを眺めている。とりわけショットガンが良いと想う。銃弾はひとつでは足りない。

「足りないんだ」

 ちっちゃな独白を漏らしてしまった。シチューの皿から人気を突き上げる。自分を見渡した。ショットガンでやつの頭も、あっちにおるやつの頭も、あの頭も、自分ぶち抜きたい。

 脳漿が飛び散るコントラストが浮かんです。なんて綺麗なんだろう。リボンを垂らしたあの頭も、リボンも、自分ぐちゃぐちゃです。

 二度とシチューを見たとき、それが確かにリボンを垂らしたあの母親の人間の脳みそであるという認識にほど近い感情が湧いてきて「これは食べられない。キモイ」と思ったら怖くなってはからずも跳ね上がるようにイベントを立ってしまった。

 わたしのその能率によって、自分らがこちらを見た。

「キモイ。見分けるな! 脳漿を垂らしながらここを見るんじゃない!!」

 その後の記憶は途切れ途切れです。現在確かなのは、父の運転するマイカーの後部シートに座って、絶えず通っている胸中科へしょっちゅうとは違う早い時間帯にいくという地。包茎手術をするならまずはここをチェックしましょう

どうもあたしはアカデミーを早退させられたらしき

ぼんやりとやる。わたしの頭はぼんやりとしているというのに、マイカーの窓から言える空の青は鮮明で目映い。何故これ程違うんだろう。わたしの内と外は、なんでこんなに離れてしまったんだろうか。

 胸中科にたどり着くと、ロビーにあたしとおんなじアカデミーのセーラー服を着た女子が座っていた。下向き様相の面持が長い髪に覆われていて見えない。両手で何かちっちゃなものをいじくっていらっしゃる。隣席には奥さんらしいクライアントが座っている。

 受け付けからネーミングを呼ばれてふっくらと立ち上がった妻を見たとき「あ!」と思った。話したことはないけどおんなじ研修の自分です。

 こういう時に「え! まじ!? ここに通ってるんだ? あたしと組合せじゃん」なんて申し上げることができたら、あたしもまともなティーンエージャーみたくお知り合いなんてものができるのかもしれない。

 でもあたしにはそれをする気が起きない。

 気づかれないように部下を向こうとしたその時、受け付けを終えた奥さんと一緒に妻がくるりと振り返った。

 そして思いがけないことに、あたしに向かって妻は口角をさっと上げて微笑みかけた。

 奥さんのクライアントは先に行ってしまったが、ゆったりとした調子で歩いてきた妻は、椅子に座ったわたしの正面で立ち止まり「こちら」と言って、何かをあたしに出した。

 反射的に受け取ったそれを見ると、キラキラと脂ぎるカードだった。

 妻が言った。 

「そちら、あそこの。アカデミーの近くの文房具屋ぺんてるで買ってもらったんだ。ここに生じる道中。でもやる」

 妻からギラギラしたカードを受け取れるときに、指と指がかすかに触れ合った。あたしではない人間の体調があたしにふれることは、キモイと思っていた。だけどその時はお断りと思わなかった。

 明日はまだまだ恰好が悪くてアカデミーを休んです。翌々日の朝方アカデミーへ行って講習に入って間もなく、妻を捜した。妻の面持とネーミングは認識していたけどイベントまでは覚えていなかったから、何度も講習を見渡した。

 そういったわたしの後ろから、おととい指が触れ合ったときのようなひそひそした調子で肩をたたく自分がいた。

 振り返ると妻だった。

「ブレイクタイムに」

妻が指定した通りの、校舎裏にいく。

 妻は先に来ていて、制服のスカートが汚れるのもはばからず直接地実情に座っていた。耳にはイヤホンを着けていて何かの曲に聴き入ってあるようだ。

 あたしはメンテナンスされたばかりの制服を着ていたけど、妻の隣席に座った。制服のスカート越しに砂利の精神が頷ける。ナースフルの無料登録はこちら

あたしが隣席に座ったことに気づいた妻はイヤホンを片側外して、わたしの耳の中にそれを入れた

あたしはきちんと酔いしれるようにイヤホンを入れ直し、妻に向かって笑った。

「あたしが常に聴いて要る抱腹絶倒曲。不相応で、あたしを平然とでも、活かしてくれている曲。が……ここにはたくさんある」

 妻が「平然と」という物言いを使ったご時世、さぞかし妻は、あたしよりも前から何かを諦めて身辺をやり過ごすようにして生きてきたんじゃないかという気がした。

 イヤホンから流れたその曲は、妻の言う通り不相応だった。iTuneに入れた曲でも聴いているのかと思ったら、妻はYou Tubeで映像を観ながら聴いていたようで、あたしが曲を聴いているのを邪魔しないみたい無言でそっとiPhoneのスクリーンを見せた。

 瞳をむき出して歌うダディのカタチに驚いて、たいていこういう時にも「え! まじ!?」と、自分が驚いた当たりよりも大げさにいうべきなのかと思ったけど妻に対してはその無用ように感じられた。

 あたしは片耳にイヤホンを着けた通り、思った通りに言った。

「この人、瞳をむき出して歌うんだね。こわい。それに曲も良いんだか悪賢いんだかよくわからないや」

 言った後に、思った通り言い過ぎて妻の気分を害したのではないかと不安になって、妻の面持を見た。

「初めはピンと来なくても、好きになるかもしれないから何度か聴いてくれないかな。この人の曲、ウェブサイトにたくさんあるから。あたしはCDも持ってるけど、酔いしれる前はネットでいいとおもうよ」

 そんなふうに話す妻の瞳が真剣だったので、あたしは妻の言う通り何度か聴いてみようと思った。

 数日して、あたしは母親の自分や父親の自分としか認識できなくなっていたクラスメートらが別個個別認識できて、周囲にほんのりキモチが持てるようになっていた。

 とはいっても、誰が今日は欠席なのか気にかけるようになったくらいの変貌だけれど。

 そんなふうになってから意地悪にも、妻は絶えずアカデミーに出て来なくなった。あたしは妻の出欠を気にかけた。

 1度しか妻と過ごせなかったブレイクタイムを、妻の教えてくれた曲を聴いて過ごした。家でもiPhoneやPCで、妻の教えてくれた人のページビューを大勢観て、聴いた。

 歌って要る映像だけじゃなくて、しゃべっているのもあった。

 直感路地、その男性は何だか抱腹絶倒クライアントだった。あたしはわたしのことをおかしな自分だと思っていたけど、それ以上におかしなクライアントがいるのなら、この世界もいいかな、という気持ちになっていた。

 そのことを妻に伝えなくちゃ。

「まじ!? 素晴らしいじゃん」って、本心から授けなくちゃ。

 でも妻には、もはや出会うことができなくなった。

 あたしは今回、今回……妻のイベントだった卓の上に置かれた、誰かが卓の片隅にぶつかれば倒れてしまいそうなか細い透明の花瓶とその向こうに言える、秋の空を見ている。

 秋の空が極めて奇麗です。

 わたしの感は、今までと違ってきちんとやる。

 了

*こういう図書は、神聖かまって正しく言うバンドの『知り合いなんて取り除ける死ね』という曲にオマージュされて書いたものです。

『知り合いなんて取り除ける死ね』は、You Tubeで検索すれば聴けるはずです。聴いてみて頂けると、神聖かまってちゃんファンのあたしとしては大いに嬉しく思います。duoクレンジングバームのお試しはあるの?

3年生になって種別替えがあり、主人とはおんなじ種別にならなかった。

秋の遠足の頃、心臓の悪い主人は途中から担任の淑女のドクターに負ぶわれ、青白い顔付きをより青くしていた。息吹も荒く、辛みたいだった。誰もがぱっと瞳を逸らしたが、我々は見ていた。

 その後もおんなじ公立中学校に上がったがおんなじ種別にならなかったので主人のことを確かめることは少なくなり、また主人の人名を誰かから訊くということもなかった。

 ところが中学校3年生のいらっしゃる放課後、忘れ物をして講習に戻ると、主人の人名を口にしウソ話をする同級生の男性ふたりがいた。我々は講習に加わるのを躊躇って、根源来た縁側を帰りた。

「霊が当てはまると言っては人の意思を引こうとやるらしくてさ」

 その時聞こえた主人に関するウソを3日光ほど意思にし続けた。

 

 3日光経った後々、我々は今の主人が見てみたいと思った。すれ違う態度くらいあっただろうに忘れていた主人が今日どんなふうに成長しているのか、それを知りたかった。

 主人がいつの種別なのかは、ウソ話を聞いてしまった時に「何組織の誰々って……」と言っていたのを聴き、知った。

 昼休みを選んで、トップ尖端の自分の講習から背部の尖端の講習です、主人の掛かるはずの講習に向かって我々は歩いた。

 主人の講習の前にたどり着くと、開いたままの入口から主人を見つけ出すまでも無く、主人は講習から勢い良く飛び出して現れる店だった。

 我々よりも丈のちょっと低主人が、立ち止まって我々を見上げた。

 主人の髪は明らかに自分でセットしたのではなく誰かにやられたのであろう、前髪のうちのほんの一部だけが整髪剤で上方に向かって固められていた。

「妖気。妖気」

「まじ、乗り越える」

 講習の外部まで、インナーの笑い声やはやし立てる意見がはみ出してきた。

 我々は、主人に何か意見をかけようと思った。我々にいくコツを阻まれる形で立ち止まり、固められた髪を下を向いてぐしゃぐしゃに掻く主人に何か優しい言葉を。

「あのさ」

 我々は言った。アヤナスの口コミ情報はこちらです